バイオマス発電

バイオマス発電

バイオマス発電

バイオマスとは植物などの生物体のことで、それらを燃やし発電するのがバイオマス発電です。

バイオマスエネルギーには主に3つの種類があり、1つは林地残材や製材廃材などの木質燃料、2つ目はサトウキビやトウモロコシなどのバイオ燃料、3つ目は生ごみや家畜の糞尿などのバイオガスです。

バイオマス発電は、燃やしてもCOの増加につながらないのが 特徴です。
バイオマス発電の材料である植物は、燃やすとCOを排出しますが、成長の過程でCOを吸収します。つまりCOの排出量はプラスマイナス0なのです。

【バイオマス発電のメリット】

  1. 地球温暖化の防止
  2. 省エネルギーの実現
  3. 循環型社会の形成
  4. 資源の有効活用
  5. 社会貢献

当社では、こうした燃料を使ったバイオマス発電のシステムをご提案しておりますので、ぜひお問合せください。

バイオマス発電1
バイオマス発電2
バイオマス発電3