太陽光パネル設置のすすめ

産業用太陽光発電について

国の「全量買取制度」により、契約した時点から20年間の発電した電気の買い取りが約束されます。
現在は、法制度や税制面・助成制度などの仕組みが整備されており、初期費用を比較的抑えながら導入することができます。
また、遊休地・未利用地や農地などの有効利用にも役立ちます。
税金等により、会社や家計の「負担になっていた土地」も、売電によって「利益を生む土地」になります。
しかし、売電契約の20年間で初期費用を確実に回収し、より大きな利益を得るためには、しっかりとした現地調査・シミュレーションに基づいた正しい施工・設置後のメンテナンスが重要になります。
太陽光発電は比較的新しい産業のため、施工会社に関しても実績のある会社を選ぶことが重要になります。
以上を押さえれば、より安定した利益が期待できますので、太陽光発電は極めて健全な投資と言えるでしょう。

※エネフィックス・ボンズハウスは合計50MWの太陽光発電プロジェクトを一手に引き受け、施工・メンテナンスを行っております。

住宅用太陽光発電について

すでに一般的になりつつありますが、ご家庭でも太陽光発電を活用できます。
日中は、発電した電気をご自宅で使うことができるほか、余った電気は電力会社に売ることができ、日の出ていない時間帯は、通常通り電力会社から電気を購入できます。
なお、売電価格は契約した時点から10年間固定されます。
ご家庭の屋根に太陽光パネル(モジュール)を設置することによって、断熱の効果が期待でき、夏も冬も快適に過ごすことができます。
エアコンなどの利用が少なくなれば、その分電気代の節約にもつながります。

太陽光発電は、産業用・住宅用ともに、CO2の削減だけでなく、資産の「賢い投資」として活用できます。
また、法人様の場合、CO2削減への貢献の観点から、CSR(企業としての社会的責任)としての評価が高まるというメリットも考えられるでしょう。
太陽光発電設備は20年間で償却されるイメージがありますが、定期的にメンテナンスを施すことで20年以後も発電は可能です。長く発電させるほど、メリットも大きくなります。
長期的に見て、売電価格は今後下降の傾向にあるため、早めの導入をおすすめいたします。